ウマ娘―出来すぎだったゲーム―

概要


ウマ娘はCygamesによるソーシャルゲーム。競走馬を女性として擬人化させたゲームで、スマートフォン、DMMによるPCなどのプラットフォームで配信されている。
最近までプレイしていたので、振り返りを兼ねて所感をつらつらと書いていく。

まとめ


なめらかな動きと目まぐるしい表情を誇るグラフィックが最大の特長。このクオリティをスマートフォンでも軽快に動かす技術力は驚異的。元ネタをうまく活かしたシナリオや勝負服などもクオリティが非常に高く、グラフィック、シナリオ、衣装のクオリティが強みのゲームだった。
一方で強みを捨てる方向への展開が目立ち、このゲームを辞めることになった。元ネタの落とし込みが必要なシナリオへのハードルを下げつつ、他作品とのコラボも見据えたであろう異世界ネタのイベントはシナリオの出来がかなり酷い。便利な設定なので今後もこの設定が流用され、朱に交わればなんとやらでこのレベルのシナリオも増えていくのだろう。元ネタの落とし込みやキャラの扱いが良いシナリオだったので、この方向性はとても残念。
こだわり抜いた勝負服からの衣装違いの展開としても、いきなりウェディングドレスという飛道具を出してきたので、今後は季節に合わせた衣装を導入していくのだろう。
リリース当初の高すぎるクオリティに期待していたので残念だが、今後はよくあるソシャゲ路線を歩みつつ、対人イベントで盛り上げていくスタイルを取るのだろう。

 

長所


  • 圧巻のグラフィック
    ウマ娘が誇る最大の特長。ストーリーもレースもキャラがなめらかに動き、目まぐるしく表情が変化する驚異のグラフィック。レースやライブのような大人数のシーンでもクオリティが変わらない。PCで見ても満足できるクオリティをスマートフォンで、しかもかなり軽く仕上げている驚きの技術力。

  • 白熱のレースシーン
    レースシーンもこだわりが見える。キャラクターによって走り方に個性があり、スパートでは迫真の表情を見せる。プレイヤーがレース中に操作することはないが、見ていて楽しめるクオリティになっている。

  • 元ネタの落とし込みの上手いシナリオ
    実在の競走馬を元ネタにしているので、個別ストーリーはかなり配慮したものになっている。実場のエピソードを拾いつつもif性をもたせつつ、悪者を作らないように配慮されている。厳しい制約のおかげで生み出された、クオリティの高いクオリティはこの作品の強みだろう。

  • 元ネタからの落とし込みが光る勝負服
    ウマ娘の勝負服は、馬具や騎手の衣装をモチーフにしている。画像を見ると成程、と思う落とし込みがされていて面白い。

  • パワプロでおなじみの信頼と実績のある育成ゲーシステム
    育成システムはパワプロのサクセスといえば伝わる人も多いだろう。交通事故も爆弾もないサクセスと考えれば、面白さは保証されている。

 

短所


    • 強みを捨てる方向性へ進む運営
      このゲームを辞めるきっかけ。個人的にウマ娘の強みはグラフィック、シナリオ、勝負服のクオリティだろう。しかしシナリオと勝負服のこだわりを捨て、よくあるソシャゲ路線へ舵を取っている印象を受けた。リリース当初のクオリティが高すぎたのかもしれないが、せっかくの強みを捨てる方向は残念。

    • シナリオの強みを捨てる雑なイベント
      このゲームを辞めることになった最大の要因。直近の異世界ネタのイベントストーリーがあまりにも酷かった。元ネタの調査と落とし込みが必要なシナリオへのハードルを下げつつ、他作品とのコラボの導入も見据えたシナリオだったのだろう。ただ肝心の出来栄えが悪く、ウマ娘要素も異世界要素も中途半端で単純につまらない。
      キャラクターを掘り下げるイベントも選べるこの時期にあえてこのイベント、しかも便利な設定で今後も使うことを見据えているのが致命的。せっかくの強みだったシナリオに暗雲を感じた。メインストーリーなどしばらくは大丈夫だろうが、このレベルでOKが出たからには徐々にこのレベルに向かっていってしまうかもしれない。

    • こだわりの勝負服から大きく方向転換した別衣装
      前回のイベントではウェディングドレスを着用したキャラクターが導入された。一般衣装を導入することで、衣装違いキャラを導入しやすくしたのだろうが、流石にいきなりウェディングドレスは突飛すぎて浮いていた。

    • 荒れがちな対人イベント
      月一回の対人イベントとして用意されたチャンピオンズミーティング。報酬がかなり美味しいイベントだが、イベント中は界隈の空気が荒れ気味になる。対人要素が攻撃性を煽るのか、対人イベントを境にユーザーの空気が変わった印象もある。対人イベントと言うよりも、それによる雰囲気の変化が人離れを招いている印象。

    • 育成要素の不透明性
      育成要素にサイレントで修正が入っているのでは?と思う点がいくつかある。突然スキルの不具合が発生したことや、リリース当初のボーナスステージだったホープフルやジャパンカップで下位に沈むことが突然増えた点などに疑問を感じた。必要ステータスやランダム要素を修正したのでは?という印象。マスクデータが多い上にランダム性の強いゲームなので、今後もこの手の話題はあがるだろう。

ロミオとジュリエット (2012年月組) 感想
―卓越した演技力でねじ伏せた公演―

概要


原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演。宝塚では3回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

 

感想のまとめ


優れた演技力が魅力で、細かな仕草の魅せ方が素晴らしい。演技力が高いだけでなく、歌唱力にも優れたメンバーが多いので歌のクオリティも高い。はまり役というよりは実力で役をねじ伏せている印象を受ける点が面白い。普遍的な愛と死に対してロミオたちの決断が運命を決めていく、人間ドラマの様相が強いロミオとジュリエットだった。
表情や仕草などの見せ方が非常に巧みな龍さんのロミオ、歌・演技・ダンスのすべてが凄い愛希さんのジュリエット、シェイクスピアは戯曲作家だと思い出させる役作りと歌唱力が素晴らしい美穂さんの乳母、若手であることを全く感じさせない貫禄と歌唱力の輝月さんの大公が特に印象的。

 

以下ネタバレ注意 “ロミオとジュリエット (2012年月組) 感想
―卓越した演技力でねじ伏せた公演―” の
続きを読む

シジミ少年の秀逸な死
―市川団八の魅力―

概要


市川団八はNightmare Syndrome様 (以下NS) のゲーム「シジミ少年の秀逸な死」に登場するキャラクターである。作品の感想は別記事 (リンク) に記載済み。
今回は作中で一番好きな市川団八について語る。NS作品には数多くの魅力的な作品・キャラクターがあったが、団八の異質さと煌めきは際立っている。10年以上彼の虜になっているが、すでにシジミ少年の秀逸な死を知っている人も少なく、語る機会もないからこその備忘録。

 

 

以下ネタバレ注意 “シジミ少年の秀逸な死
―市川団八の魅力―” の
続きを読む

アウグストゥス / Cool Beast!! 感想
―アントニウスとクレオパトラが魅力的な歴史ファンタジー―

概要


アウグストゥス―尊厳ある者―は田渕大輔先生の作・演出による作品。ジュリアス・シーザーの後継者であり、ローマ皇帝となったアウグストゥス。彼の歩んだ道程を、ブルートゥス、アントニウスたちとの対立を交えながら描いた作品。
Cool Beast!!は藤井大介先生の作・演出による作品。野獣の見る夢を描いたラテンショー。

 

感想のまとめ


アウグストゥスは歴史ファンタジーとして観るべき作品。アウグストゥスとポンペイアが心を通わせるシーンや、アントニウスとクレオパトラのシーンなど随所に魅力的なシーンが光る。その一方で、説明不足かつ登場人物が考えなしに見えてしまうのが惜しい。野心に満ちたアントニウスを力強く演じた瀬戸さん、ファラオとしての矜持と愛を選んだ女性を見せたクレオパトラを演じた凪七さん、愛憎入り交じったブルートゥスを演じた永久輝さんがお気に入り。
Cool Beast!!は花組のバラエティ豊かなダンサーを堪能できるショー。美穂さんの歌唱を心置きなく堪能できるショーで、美穂さんと歌う音さんの歌もとても素敵。

 

以下ネタバレ注意 “アウグストゥス / Cool Beast!! 感想
―アントニウスとクレオパトラが魅力的な歴史ファンタジー―” の
続きを読む

ヴェネチアの紋章/ル・ポァゾン Again 感想
―初めてにもお勧めの華やかで美しい作品―

概要


ヴェネチアの紋章は塩野七生による「イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア」を原作とした作品で、柴田侑宏先生による脚本・演出の作品。今回は再演として、謝珠栄先生による演出が加えられた。16世紀のイタリア・ヴェネチアを舞台に、元首の妾の息子であるアルヴィーゼを主人公とした作品。妾の子であることが原因でヴェネチアでは得られなかった貴族の地位と統治者としての未来を得るために、そして愛するリヴィアを妃に迎えるにふさわしい地位を得るために、ハングリアへの進軍を指揮していく。
ル・ポァゾン 愛の媚薬 Againは岡田敬二先生によるレビュー作品。月組で初演され、星組、花組で再演されたレビュー公演の2021年度版。

感想のまとめ


ヴェネチアの紋章は宝塚のイメージにピッタリと合った華やかさと美しい台詞回しを誇る作品で、初めての人にもお勧め。アルヴィーゼの生き方にロマンを、アルヴィーゼとリヴィアとの恋愛にロマンスを強く感じる作品。彩風さん・朝月さんの演技・歌・ダンスでクラシカルな作品を美しく見せる演技力がとても素敵。
ル・ポァゾンは上品な大人の色気が漂うレヴュー。一度聞いたら忘れられないテーマ曲が特長で、こちらも初めての人にもお勧め。彩風さん・朝月さんの歌、ダンスともに相性抜群で、一つ一つの要素が美しいダンスシーンが特におすすめ。
持ち前の華やかさと抜群の安定感で作品を引っ張っていく彩風さん、巧みな表現力が素敵な朝月さん、ストーリーテラーとして物語を回していく綾さん、歌にダンスに芝居に八面六臂の大活躍の諏訪さんが特にお気に入り。

 

以下ネタバレ注意 “ヴェネチアの紋章/ル・ポァゾン Again 感想
―初めてにもお勧めの華やかで美しい作品―” の
続きを読む

オペラ座の怪人 (劇団四季) 感想
―海外ミュージカルの大作を母国語で!―

概要


原作はガストン・ルルーの小説で、劇団四季版は日本でのお馴染みのアンドリュー・ロイド = ウェバー版。19世紀のパリ・オペラ座を舞台に、神出鬼没の怪人と彼に才能を見いだされたクリスティーヌ、クリスティーヌの幼馴染でオペラ座のパトロンを務めるラウルの三角関係にフォーカスを当てた作品。


感想のまとめ


ブルーレイで見たロンドン公演の雰囲気を見事に再現していて、海外ミュージカルの大作を母国語で楽しむことのできる素晴らしい公演。高さ方向の演出が多く、釣り上げられていくシャンデリアや天井裏で暗躍する怪人などの演出も大迫力。生オケと圧倒的な歌唱力は凄まじく、音楽を堪能するのにこの上ない公演。所々で不自然に残った英語が異物感を生み出す点だけが残念。


以下ネタバレ注意 “オペラ座の怪人 (劇団四季) 感想
―海外ミュージカルの大作を母国語で!―” の
続きを読む

ロミオとジュリエット (星組2021年版) 役替わり比較
―ガラッと変わる役替わり―

概要


礼真琴さん・舞空瞳さん体制の星組で随所で絶賛されている「ロミオとジュリエット」。役替わりで雰囲気がガラッと変わっているので、見比べると二度も三度も楽しめる作品になっている。
今回珍しく両パターンのブルーレイが発売されるので、両パターンの違いをピックアップしてみる。
個別の感想は下記を参照。
ロミオとジュリエット (役替わりA) 感想
ロミオとジュリエット (役替わりB) 感想

まとめ


王道を行く青春物が好きならば役替わりA、変化球が好みならば役替わりBが刺さりやすい印象。「マーキューシオ」と「死」の二役が雰囲気におけるキーキャラクター。「ティボルト」や「パリス」の人間味の違いや「ジュリエット」の変わらなさなど、変わるところも変わらないところも面白さにつながっている。
ティボルト/死で人と概念の演じ分けが凄まじい愛月さん、マーキューシオ/パリスで言動すべてが腑に落ちる極美さん、死/マーキューシオをかなり攻めたアプローチで演じた天華さんが個人的なお気にいり。

 

以下ネタバレ注意 “ロミオとジュリエット (星組2021年版) 役替わり比較
―ガラッと変わる役替わり―” の
続きを読む

ロミオとジュリエット (星組2021年版) 感想
―王道を征く正統派の役替わりA―

概要


原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演で、宝塚では星組→雪組→星組→今回の星組と4回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

感想のまとめ


若さと青春、そして愛にフォーカスされた王道を征く正統派の超大作。愛月さんのティボルトによって、若さの生み出すエネルギーと悲劇性が強調されている。ウェストサイド物語の雰囲気を少し逆輸入したようなイメージが近いかもしれない。
完成度の高い役作りも特長で、ティボルトを等身大の青年として演じた愛月さん、マーキューシオをやんちゃで直情型な幼馴染として演じた極美さんが秀逸。特にマーキューシオは、その人物像がすとんと腑に落ちる絶妙な役作りだった。そんな中で異彩を放つ天華さんによる死の大胆な役作りも光っていて強烈だった。

役替わりBの感想は別記事に記載。

以下ネタバレ注意 “ロミオとジュリエット (星組2021年版) 感想
―王道を征く正統派の役替わりA―” の
続きを読む

Hotel Svizra House 感想
―パーフェクトなご都合主義―

概要


植田景子先生の作・演出による作品で、真風さん・潤花さんの新トップコンビお披露目公演。第二次大戦期のスイスのHotel Svizra House (スヴィッツラハウス) を舞台とした作品。スパイ摘発の任務を受けた英国情報部のロベルト、チャリティ公演に参加するために訪れたバレエダンサーのニーナ、チャリティ公演を主催するミハイロフ公爵とパトロンのヘルマンたちによるヒューマンドラマ。

感想のまとめ


重い設定を軽やかに、ご都合主義にまとめ上げた作品。あまりに鮮やかで感心するようなご都合主義ぶりで、気分良く終わる作品に仕上がっている。メッセージ性は強烈だが、物語の歪みや不快感がまったくない素晴らしい脚本になっている。重い設定だが、宝塚らしいロマンスや美しさがとても印象的で、3組の恋愛、リゾート地のホテルという設定にぴったりと合った品のある雰囲気はとても宝塚的。

以下ネタバレ注意 “Hotel Svizra House 感想
―パーフェクトなご都合主義―” の
続きを読む

ロミオとジュリエット (星組2021年版) 感想
―「死」の存在感が強烈な役替わりB―


概要

原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演で、宝塚では星組→雪組→星組→今回の星組と4回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

感想のまとめ


礼さん・舞空さん体制の代表作になるであろう傑作。青春を謳歌するロミオたちと苦悩するティボルト、目まぐるしく表情を変えながら恋に生きていくジュリエットたちが見せる若さと悲劇がとても感動的。歌の上手なメンバーが多く揃っているので歌唱シーンも素晴らしく、特に礼さんの圧倒的な歌唱力で声色を変えながら歌う様が凄まじい。愛月さんが演じる「死」の圧倒的な存在感と冷たさも凄まじく、二番手が「死」を演じることの意義と素晴らしさを実感できる役替わりだった。

以下ネタバレ注意 “ロミオとジュリエット (星組2021年版) 感想
―「死」の存在感が強烈な役替わりB―” の
続きを読む