About this blog


概要


過去・最近見たものについて、感想を書き綴るブログ。
趣味 (宝塚、ノベルゲーム、小説、漫画) を中心に扱う予定。
ネタバレを含みますので、ご注意下さい。


取り扱いジャンル


  • 宝塚
    視聴作品一覧へのリンク
    メイン: 雪組
    贔屓: 彩風咲奈さん
    好きなOG: 轟悠さん、彩凪翔さん、望海風斗さん、珠城りょうさん
    好きな作品: ファントム (雪組)、凱旋門 (2018年版)、チェ・ゲバラ

各組の初観劇リスト:
  雪組: 2018/6 凱旋門 / Gato Bonite!!
  月組: 2019/4 夢現無双 / クルンテープ
  星組: 2019/5 アルジェの男 / ESTRELLAS
  宙組: 2019/12 El Japón / アクアヴィーテ
  花組: 2021/4 アウグストゥス / Cool Beast!!

  • ノベルゲーム
    プレイ済み作品へのリンク
    好きな作品: 花帰葬、神無ノ鳥、古色迷宮輪舞曲、素晴らしき日々、Nightmare Syndrome作品
    好きな作風: マルチエンディングやギミックを活かした作品、文章や世界観が美しい作品
  • 小説
    好きな作家: ヘッセ、シェイクスピア、夢野久作、三島由紀夫
    好きな作風: 綺麗な文章や情景、古典文学、幻想小説
  • 漫画
    好きな作家: 高河ゆん、一ノ瀬綾子、あき、宝井理人
    好きなジャンルや作風: BL、絵・情景・台詞回しのの美しい作品

自己紹介


Name: 酢酸ナトリウム
職業: エンジニア
経歴: 初転職を機に観劇した「凱旋門」から、宝塚にのめり込む
    最近のモットーはやらぬ後悔よりやって後悔

Twitter

ロミオとジュリエット (2013年星組) 役替わり
―あえてのチャレンジ配役―

概要


原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演。宝塚では3回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

感想のまとめ


個人的には、初演 > 役替わりA > 役替わりBの順で役が合っている印象。初演はまさにイメージ通りのロミオとジュリエットで、今回の役替わりAは悪くはないが初演ほどのハマり方を感じなかった。この役替わりBはあえてチャレンジしたというイメージが強かった。
天寿さんのマーキューシオがピカイチのはまり役で、ティボルトとの掛け合いが素晴らしかった。

役替わりの記事は別 (リンク) に記載。

以下ネタバレ注意

“ロミオとジュリエット (2013年星組) 役替わり
―あえてのチャレンジ配役―” の
続きを読む

朝月希和さん退団に寄せて
―プロフェッショナルな仕事人―

雪組トップ娘役の朝月希和さんが昨日退団となった。トップ娘役としての朝月さんはまさにプロフェッショナルで、大変な時期の雪組で難しい役柄を見事に演じきり、体制が落ち着いた頃に退団していく姿はまさに仕事人だった。

お披露目公演「ヴェネチアの紋章」のリヴィアは見事なドレスさばきを活かしたハマり役だが、大劇場公演は難役続き。CITY HUNTERの香、夢介千両みやげのお銀、蒼穹の昴の玲玲と個性豊かな役が続いた。地味で難しいという美味しくない役柄が続いたが、役柄の広さと彩風さんと抜群のコンビネーションで雪組を引っ張っていた。ダンス・歌・演技と何でもできる強みを活かし、彩風さん・朝美さんと3人でフル稼働していたのも懐かしい。

得意分野はショーで活きることが多く、男役を引き連れてドレス姿で踊る姿は華やか。特筆すべきはフィナーレで、スライドするかのように動いていくドレスさばきがとても印象的。彩風さんとの息の合ったデュエットダンスも美しく、Sensetional!では二人にしかできない大人の情愛を描いたダンスだった。任期後半で増やした反りを活かしたダンスも綺麗で、涼しい顔で凄まじい角度で体を反らす姿も美しかった。

主要メンバーがガラッと入れ替わった新生雪組の大変な時期を支え、地味で難しい役柄を見事にこなし、後任に安定期の雪組と華やかな役柄を残して去っていく。そんなトップ娘役である朝月希和さんを見ることができて幸せだった。

ロミオとジュリエット (2013年星組) ―恋愛作品としての完成形―

概要


原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演。宝塚では3回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

感想のまとめ


初演と同じ配役のメンバーの完成度が高く、物語をグイグイ引っ張っていく公演。歌と上品さがパワーアップした夢咲さんのジュリエットが完璧で、柚木さんのロミオとの情熱的な恋愛はまさに二人だけの世界。恋愛作品としてはロミオとジュリエットの公演でもピカイチ。ただしトップコンビのパワーアップなど見どころも多いが、全体的に見るとハマり役揃いの初演版が原作のイメージに近いかもしれない。

以下ネタバレ注意

“ロミオとジュリエット (2013年星組) ―恋愛作品としての完成形―” の続きを読む

蒼穹の昴―豪華絢爛な超大作―

概要


蒼穹の昴は浅田次郎による長編小説で、原田諒先生による脚本・演出作品。西太后の君臨する清国を舞台とした時代小説で、李春雲と梁文秀という架空の人物たちを中心に描かれた物語。原作では春雲が主役だが、宝塚版は文秀が主役となっている。

感想のまとめ


全4巻もの超大作を2時間という枠にうまく収めた大作。原作のイメージを尊重した配役、雪組と専科による重厚な演技、豪華絢爛な衣装や舞台を大きく見せる巧みな演出が素晴らしかった。削られた要素や改変された要素に不満がなくはないが、これだけうまくまとめられるのは原田先生だけだろうという会心の作品だった。
はまり役が多すぎるが、目を中心とした表情や仕草で機微を見せてくる彩風さんの梁文秀、全身全てでコンプレックスを表現している真那さんの袁世凱、宮中での振る舞いと内に秘めた思いの演じ分けがとても素敵だった一樹さんの西太后、宦官の存在を強烈に印象付けた透真さんの李蓮英が特にお気に入り。

以下ネタバレ注意

“蒼穹の昴―豪華絢爛な超大作―” の続きを読む

HiGH&LOW / Capricciosa
―留依蒔世さんの集大成―

概要


HiGH&LOWはEXILE TRIBEによって企画されたオリジナル作品で、野口幸作先生の脚本・演出による作品。SWORD地区と呼ばれる地域で行われる、不良グループの抗争を描いた作品。LDHとのコラボ作品でもある。
Capricciosaは藤井大介先生によるショー作品で、イタリアの伊達男カプリチョーザが各地を放浪していく作品。

感想のまとめ


HiGH&LOWはコンパクトにまとまったプロモーション作品で、SWORDの各チームの特徴をコンパクトにまとめつつも宝塚らしい要素を散りばめた野口先生の手腕が光る作品。芝居というよりもショー作品に近いかもしれない。
Capricciosaは真風さんの退団公演かのような演出が印象的で、最後のショー作品を迎えた真風さんのために寄せられた作品かもしれない。感動的な演出が随所にあり、好みの作品。
退団する留依蒔世さんを見るために視聴したが、留依蒔世さんの集大成を見ることができて本当に良かった。特に宝塚屈指の歌唱力を活かしたエトワールがとても素晴らしかった。

以下ネタバレ注意

“HiGH&LOW / Capricciosa
―留依蒔世さんの集大成―” の
続きを読む