夢介千両みやげ/Sensational! 感想 ―平和な王道時代劇―

概要


夢介千両みやげは山手樹一郎による時代小説で、石田昌也先生の脚本・演出による作品。小田原の庄屋の息子である夢介が、千両を使って江戸での道楽修行に勤しむ時代小説。「桃太郎侍」や「遠山の金さん」といった有名作品を手掛けた山手樹一郎の王道物語。
Sensational!は中村一徳先生によるショー作品で、愛や夢、そして希望をテーマにした作品。

感想のまとめ


夢介千両みやげは肩の力を抜いて楽しめる、王道の娯楽系時代劇。物腰の柔らかいお人好しで、人のために生きる夢介の良さがとても良く表現されていた。登場人物が多く、エピソードや小芝居が多い点も素晴らしい。歌唱シーンも華やかで、キャッチーなフレーズと演出が素晴らしかった。脚本のアレンジが残念なのが玉に瑕。

Sensational!は歌もダンスも激しく、めるくめくように場面が変わるショー。ダンサー揃いの雪組での激しいダンスやふんだんに盛り込まれた銀橋渡り、手厚い餞別が光る素晴らしいショー。

お気に入りは、絶妙な掛け合いと間延びした声で夢介の器の大きさと人柄の良さを上手く見せてくれた彩風さんの夢介、チャキチャキしていて美しい所作とヤキモチ焼きな押しかけ女房ぶりがとても素敵だった朝月さん、素晴らしい歌唱力とダンスが素晴らしかった和希さん、歌って良し演じて良し踊っても良しな久城さん、地味な田舎娘ぶりの仕上げ方が素晴らしかった野々花さんのお松、オーロラの場面での歌唱力の飛躍が目覚ましかった縣さん。

以下ネタバレ注意

“夢介千両みやげ/Sensational! 感想 ―平和な王道時代劇―” の続きを読む

ファントム (雪組) 感想
―圧倒的な歌と演技に涙が止まらない公演―

概要


原作はガストン・ルルーのオペラ座の怪人。本作の脚本はアーサー・コピット。潤色・演出は中村一徳先生。
オペラ座に憧れる少女、クリスティーヌが歌いながら楽譜を売っているところに、オペラ座のパトロンであるシャンドン伯爵が通りかかる。その歌声を高く評価したシャンドンはオペラ座でレッスンを受けさせるべく、支配人キャリエールへ宛てた紹介状をクリスティーヌへ渡す。
オペラ座にやってきたクリスティーヌだがキャリエールは既に解任されていて、新しい支配人ショレの妻であるカルロッタの衣装係にされてしまう。
仕事の合間に歌うクリスティーヌの歌声を聞いたファントムは彼女の歌声に感動し、彼女がオペラ座で歌えるようレッスンを施す。そして団員たちが集うビストロでクリスティーヌがその才能を開花させた時、物語は大きな変化を迎える。

感想のまとめ


圧倒的な歌と演技が調和して、涙の止まらなくなる公演だった。
歌による表現を極めたかのような、エリックを演じる望海さんとクリスティーヌを演じる真彩さん、歌も凄いが眼差しや演技でも泣かせてくる彩風さん、少女漫画から抜け出したかなようなキラキラしたオーラのシャンドンを演じる彩凪さん、どうしようもない小者だけど憎めないショレを演じる朝美さん、オペラ座を支配するような演技でカルロッタを演じる舞咲さんが凄く良い。
一押しは彩風さんのキャリエールで、特にビストロでの表情、第二幕では登場シーン全てが凄く良い。

観劇日


2018/11/18, 2018/12/11 (宝塚大劇場)
2019/1/3 (東京宝塚劇場),
2019/2/10 (ライブビューイング) 
初の東京宝塚劇場、千秋楽 (ライブビューイング) は雪組公演。

以下ネタバレ注意 “ファントム (雪組) 感想
―圧倒的な歌と演技に涙が止まらない公演―” の
続きを読む