宝塚の退団者を振り返る (2021年度)
―思い入れの強い方々―

概要

2021年度は宝塚で好きだった人が多く退団してしまった。そこで、思い入れの強い人をピックアップして、思い出を忘れないように残したい。轟悠さん、望海風斗さん、真彩希帆さん、彩凪翔さん、珠城りょうさん、愛月ひかるさんについて振り返る。


コメント

  • 轟悠さん
    初めて観た宝塚の主演男役。宝塚で好きな人は彩風さんと轟さん、それぐらい思い入れの強い人。
    初めて見たのは人生初の宝塚である「凱旋門」。スポットライトを浴びて輝くその姿に、男役とはこんなにも格好良いのか、と衝撃を受けたのを覚えている。復讐を狙う鋭い目つきとジョアンの死に対する慟哭も印象的で、人生初の宝塚が最高の思い出になったのは雪組のおかげもあるが、轟さんがいたからだろうと思っている。
    「凱旋門」も素晴らしかったが、最後に劇場で観た「チェ・ゲバラ」も心が震えるほどだった。クーデターを成し遂げる力強さや国連演説でのひりつくような空気、最後の戦いで終わりを感じさせるような乾いた嫌な咳は轟さんの演技力があってこそだろう。後世まで語り草になると確信した傑作を劇場で観ることができて、本当に幸せだった。
    望海さん、彩風さん、彩凪さん、珠城さんが退団しても轟さんがいてくれると思っていたので、退団はとてもショックだった。けれど「婆娑羅の玄孫」の配信を見て、轟さんのために書かれたこの公演で退団できるならば、と思えたので未練は少ない。
    轟さんが出演する公演で一番好きな作品は「チェ・ゲバラ」で、今後も過去作品を発掘していく予定。

  • 望海風斗さん
    初めて観た組のトップ男役。劇場で望海さんのアナウンスとあの歌声を聞いて、宝塚に来たんだと実感するのが好きだった。
    初めて見たのは人生初の宝塚である「凱旋門」。轟さんと同じぐらいオーラがあって、凄まじく歌の上手な人という印象だった。
    激しい生き様がこの上なく似合う演技力、どこまでも伸びるロングトーンと凄まじい滑舌の良さ、指先までキレイなダンスとまさに三拍子揃った人で、作品のクオリティを無条件に跳ね上げる凄まじいトップスターだった。
    公演ごとに成長する、というよりも後進のために様々な引き出しを見せてくれているような印象が強かった。「Music Revolution!」での驚異的な滑舌の良さを見せつけるシーンは望海さんだけ別格だったが、「Music Revolution! New split」では皆上手くなっていて、男役にとって本当に良いお手本だったんだろうと思う。
    望海さんが出演する公演で一番好きな作品は「ファントム」だが、一番好きな楽曲は映像込みで「壬生義士伝」での石を割って咲く桜。

  • 真彩希帆さん
    初めて観た組のトップ娘役。圧倒的な歌唱力が印象的。
    初めて見たのは人生初の宝塚である「凱旋門」で、「凱旋門」での月のような美しさが一転して、「Gato Bonito!!」では太陽のような笑顔で衝撃的だったのが印象的。
    圧倒的な歌唱力が素晴らしく、壬生義士伝の辺りからさらにレベルが跳ね上がり、まるで楽器のように綺麗な歌声で高らかに歌うようになったのが印象に残っている。元々上手だった演技やダンスも公演ごとに進化していて、雪組の中で一番成長した人かもしれない。
    真彩さんが出演する公演で一番好きな作品は「二十世紀号に乗って」で、映像化されている作品では「ファントム」。

  • 彩凪翔さん
    キラキラした役を演じさせたら世界一だと思う人。
    初めて見たのは人生初の宝塚である「凱旋門」で、気になりだしたのは「SUPER VOYAGER!」での綺麗なダンスと眉間にシワを寄せたときの格好良さに触れてから。
    「ファントム」でのシャンドン伯爵は衝撃的で、まるで少女漫画のようにキラキラしたオーラを出しながら現れたのが今も脳裏に焼き付いている。そこから「ハリウッド・ゴシップ」では堕ちていくスター、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」では手を汚さない大物と新たな一面を見せてくれて、歌唱力も目覚ましく進化してからの退団だったのでショックだった。本当に素敵な男役で、「シルクロード」での眩い格好良さも素敵だった。
    彩凪さんが出演する公演で一番好きな作品は「ファントム」で、正統派のシャンドン伯爵と変化球のアラン・ショレのどちらも好き。

  • 珠城りょうさん
    初めて雪組・専科以外でこの人の公演を観たいと思った男役で、雪組以外を観るきっかけとなった人。
    初めて見たのは映画館での「タカラヅカスペシャル2018」。トップ男役が持ち回りで歌う場面での、視線と表情で過去を振り返る演技を見て、次は月組を観たい!と思ったのがきっかけ。
    念願が叶った「夢現無双」は癖の強い作品だが、歩き方や周囲への接し方で武蔵の成長を感じさせる演技力がとても素敵で、「クルンテープ」でのダイナミックなダンスも素晴らしかった。
    最後に劇場で観た「WELCOME TO TAKARAZUKA」での全く頭がぶれない足さばきと見惚れるような所作、「ピガール狂騒曲」でのヴィクトールの格好良さとジャンヌの可愛らしさの演じ分けも素敵だった。
    映像やライブ配信で観た作品では誠実な男性像とスケールの大きなデュエットダンスがとても素敵で、頼りになる人柄の役をやらせたら天下一だと思っている。
    珠城さんが出演する公演で一番好きな作品は「カンパニー」。

  • 愛月ひかるさん
    劇場では一度しか見ることが叶わなかった人。
    初めてみたのは星組全国ツアーの「アルジェの男」。本当に嫌な男の演じ方と存在感の出し方が上手で、出てくるたびに惹かれるけれど、ジュリアンたちのために消えてくれと思いたくなる素晴らしさ。サビーヌに撃たれた時のリアクションもとてもリアルで、思わずビクッとしてしまったのを覚えている。もっと観たいけれどジュリアンたちの状況が悪化するから出てこないでほしい、そんな素晴らしい出会いだった。
    「ロミオとジュリエット」での役替わりは強烈だったが、役替わりが大成功した要因の何割かは愛月さんのおかげだろう。ウェスト・サイド・ストーリーを逆輸入したような大人になり切れないリアルな青年ティボルトと、作品の雰囲気をもガラッと変える圧倒的な存在感で人々を冷たい死へと誘う死。まさに愛月さんでなければ演じられない素晴らしい役作りだった。
    愛月さんが出演する公演で一番好きな作品は「ロミオとジュリエット」で、どちらの役替わりも同じぐらい好き。

fff/シルクロード 感想
―有終の美を飾る最高のショー―

概要


f f f (フォルティッシッシモ) ~歓喜に歌え!~は上田久美子先生の作・演出による作品。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが交響曲第九番を書き上げるまでの物語で、ルートヴィヒと彼の前に現れた謎の女を主軸に、ナポレオンやゲーテなどを交錯させつつ、地上と天界を描く物語。
シルクロード~盗賊と宝石~は生田大和先生の作・演出による作品。シルクロードを舞台に、青いダイヤモンドを手に入れた盗賊が宝石の記憶を巡っていく作品。「天空のエスカフローネ」など多くの作品に楽曲提供をしている菅野よう子さんが楽曲提供したコラボ作品。

 

感想


fffは退団公演としては最高で、作品としては歪みを感じる微妙な作品。退団者に見せ場があり、ベートーヴェンをテーマにして「歓喜の歌」を歌うという完璧なテーマと楽曲選択をした作品。一作品としては視覚効果を巧みに使っているが、テーマを押し出すために登場人物が歪んでしまっていてかなり微妙。自分を含め、望海さん・真彩さん体制の雪組を大好きな人にならお勧めの作品。
シルクロードは有終の美を飾る最高のショー。ダスカのシーン、望海さんが燕尾服で踊るシーンなど観たかったシーンをこれでもかと盛り込んできている。菅野よう子さんによる楽曲も壮大で聞き心地がよく、何度でもいつまでもリピートしたくなる作品。

 

以下ネタバレ注意

“fff/シルクロード 感想
―有終の美を飾る最高のショー―” の
続きを読む

ONCE UPON A TIME IN AMERICA (雪組) 感想
―コンパクトな群像劇―

概要


ハリウッドのギャング映画を、小池修一郎先生が脚本・演出でミュージカル化した作品。ローワー・イーストサイド (ニューヨーク) 出身のユダヤ系移民のヌードルスたちの人生を描いた作品で、ギャングとして生きていくヌードルスを主人公に、少年期から壮年期まで描いた作品。

感想のまとめ


コンパクトにまとめられた群像劇という印象。振る舞いや表情、歌い方が年月の経過に合わせて変わっていくので、圧巻の歌と年月の経過による変化を楽しめる作品。コンパクトすぎて少し薄味に感じるかもしれない。
年月とともに変わっていきながらも常に最高のハーモニーで歌う望海さんと真彩さん、年月とともに目の雰囲気がどんどん変わっていく彩風さん、力強くも落ち着いた歌が素敵だった彩凪さん、最高のエトワールだった舞咲さんが特に印象的。

観劇日


2020/01/11 (宝塚大劇場) 
あえて映画は視聴せずに観劇

以下ネタバレ注意 “ONCE UPON A TIME IN AMERICA (雪組) 感想
―コンパクトな群像劇―” の
続きを読む

壬生義士伝 / Music Revolution! 感想
涙枯れ果てるまで泣き、ショーで元気を貰う

概要


【壬生義士伝】
原作は浅田次郎の人気小説。脚本・演出は石田昌也先生。新選組をテーマにした小説の中でも屈指の人気作品。南部藩出身の吉村貫一郎の生き様を描いた作品で、彼の最期に涙した人も多いであろう名作。
【Music Revolution!】
クラシックからラテン、ジャズなど様々な音楽ともに歌い、そして踊るショー。

感想のまとめ


壬生義士伝で涙枯れるまで泣き、Music Revolution!で元気を貰う。感情を極限まで揺さぶられる素敵な公演。

  • 壬生義士伝
    序盤から終盤まで涙が止まらない演目で、序盤と終盤は完璧としか言えない完成度の高さ。「石を割って咲く桜」が流れるシーンは歌と音楽、演技と演出のすべてが完璧に噛み合った最高に美しいシーン。
    イチオシは家族を想い生きていく吉村を演じる望海さん、組頭として振る舞わなければならないが随所で精一杯の優しさを見せた大野を演じる彩風さん、鬼気迫る演技で小川を演じる久城さん。

  • Music Revolution!
    エネルギッシュに元気になれるショーで、壬生義士伝の後にうってつけ。いろいろな人が活躍していて、歌い継ぐシーンがとても良い。ダンスとても良く、彩風さんたちの軽やかで優雅で楽しそうなダンスシーンと、永久輝さんたちのキラキラと爽やかで激しいダンスシーンがとても良い。燕尾服で歌い継ぐシーンの、早口言葉なのに素敵なメロディーが奏でられていくシーンは必見。

観劇日


2019/06/29, 06/30 (宝塚大劇場)
宝塚観劇2年目での初作品も雪組・大劇場公演。

以下ネタバレ注意 “壬生義士伝 / Music Revolution! 感想
涙枯れ果てるまで泣き、ショーで元気を貰う” の
続きを読む

ドン・ジュアン 感想
―赤いバラの花が印象的―

概要


モリエールの戯曲「ドン・ジュアン」をミュージカル化した作品を、宝塚で上演した作品。酒と女に溺れ、快楽を追い続けるドン・ジュアン。ある日ドン・ジュアンは騎士団長と決闘をして、騎士団長を殺害してしまう。すると彼の前に騎士団長の亡霊が現れて「いずれ愛によって死ぬ」と宣告される。全く意に介さなかったドン・ジュアンだったが、やがて彼は亡霊に導かれて、彫刻家の娘マリアと出会う。そこで彼は愛を知り、騎士団長の呪いに身を苛まれていくことになる。
脚本・演出は後に「ひかりふる路」、「CASANOVA」などを手がける生田大和先生。

感想のまとめ


ドン・ジュアンという愛を知らなかった男が愛を知って変わっていく生き様を、フラメンコとともに情熱的に描いた作品。演出がとても素敵で、クライマックスでの花の使い方はとても感動的。
CASANOVAが光の中を進むならば、ドン・ジュアンは闇に差した光を目指す作品。僧思うほどアプローチが違っていて面白い。
女性を嘲笑う前半、愛を知って愛に生きる後半と劇的に変化するドン・ジュアンを演じる望海さんの演技が凄まじい。同じ笑顔でも前半と後半で大きく印象が変わるので、ぜひ見比べて欲しい。出てくるシーンで心をがっしり掴んでいく歌と演技でイザベルを演じる美穂さん、無機質な表情・動きと軍靴を高らかに鳴らすタップダンスでまさに亡霊という騎士団長を演じる香綾さん、全身から良い人オーラが溢れ出ているドン・カルロを演じる彩風さん、幸せそうな表情がとても素敵なマリアを演じる彩さんも印象的。

観劇日


2019年6月2日 DVD

2019年花組公演「CASANOVA」で触れられていて気になったので視聴。

以下ネタバレ注意 “ドン・ジュアン 感想
―赤いバラの花が印象的―” の
続きを読む

ファントム (雪組) 感想
―圧倒的な歌と演技に涙が止まらない公演―

概要


原作はガストン・ルルーのオペラ座の怪人。本作の脚本はアーサー・コピット。潤色・演出は中村一徳先生。
オペラ座に憧れる少女、クリスティーヌが歌いながら楽譜を売っているところに、オペラ座のパトロンであるシャンドン伯爵が通りかかる。その歌声を高く評価したシャンドンはオペラ座でレッスンを受けさせるべく、支配人キャリエールへ宛てた紹介状をクリスティーヌへ渡す。
オペラ座にやってきたクリスティーヌだがキャリエールは既に解任されていて、新しい支配人ショレの妻であるカルロッタの衣装係にされてしまう。
仕事の合間に歌うクリスティーヌの歌声を聞いたファントムは彼女の歌声に感動し、彼女がオペラ座で歌えるようレッスンを施す。そして団員たちが集うビストロでクリスティーヌがその才能を開花させた時、物語は大きな変化を迎える。

感想のまとめ


圧倒的な歌と演技が調和して、涙の止まらなくなる公演だった。
歌による表現を極めたかのような、エリックを演じる望海さんとクリスティーヌを演じる真彩さん、歌も凄いが眼差しや演技でも泣かせてくる彩風さん、少女漫画から抜け出したかなようなキラキラしたオーラのシャンドンを演じる彩凪さん、どうしようもない小者だけど憎めないショレを演じる朝美さん、オペラ座を支配するような演技でカルロッタを演じる舞咲さんが凄く良い。
一押しは彩風さんのキャリエールで、特にビストロでの表情、第二幕では登場シーン全てが凄く良い。

観劇日


2018/11/18, 2018/12/11 (宝塚大劇場)
2019/1/3 (東京宝塚劇場),
2019/2/10 (ライブビューイング) 
初の東京宝塚劇場、千秋楽 (ライブビューイング) は雪組公演。

以下ネタバレ注意 “ファントム (雪組) 感想
―圧倒的な歌と演技に涙が止まらない公演―” の
続きを読む

20世紀号に乗って (雪組) 感想
―喧しさが愛おしい公演―

概要


原作はブロードウェイの公演。潤色・演出は原田諒先生。
舞台演出家兼プロデューサーのオスカー・ジャフィーは失敗続きで破産してしまう。再起をかけて、かつての恋人であるオスカー女優リリー・ガーランドを出演させるために豪華客室列車「特急20世紀号」に乗り込む。しかしリリーは新たな恋人ブルースと乗車していて取り付く島もない。20世紀号がニューヨークに到着するまでに、オスカーはリリーを説得できるのか、というコメディ・ミュージカル。
望海さん体制の雪組で行われた、念願の明るい演目。

 

感想のまとめ


笑いが溢れる雪組公演!誰も彼もが喧しいけれど、その喧しさが癖になるし素敵。あちこちで広げられるコミカルな演技がすごく良くて、オペラグラスなしでも目が足りなくなる。タップダンスも格好良くて、特に最後のタップダンスはいつまでも見ていたくなる。
要所は雪組らしく聞き惚れるような歌でびしっと抑えてくる。一歩間違えばただのドタバタ喜劇だが、あちこちでお芝居を繰り広げながらも要所要所を歌でビシッと決めてくるのはさすが雪組。
皆凄い中で、一挙一動で笑いを巻き起こしていた存在が喧しいブルースと、絶妙な演技が光るドクター・ジョンソンが一押しの二人。

観劇日


2019/3/22, 2019/3/23 (東急シアターオーブ)
記念すべき初のオーブは雪組公演。 

以下ネタバレ注意 “20世紀号に乗って (雪組) 感想
―喧しさが愛おしい公演―” の
続きを読む

凱旋門 / Gato Bonite!! (雪組) 感想
―人生初の宝塚―

概要


原作はレマルクの同名小説。脚本は柴田侑宏先生、演出は謝珠栄先生。2000年に主演した轟さんが再び主演を演じた公演。雪組メンバーとともに行われた公演。
【凱旋門】
第二次大戦中のパリを舞台に、亡命者 (不法入国者) の医師ラヴィックと女優ジョアンとの恋愛、かつての恋人をナチスのゲシュタポに奪われたラヴィックの復讐、そして戦争の影が忍び寄ってくるパリを描いた物語。
【Gato Bonito!!】
猫をモチーフにした、ラテン系を思わせるショー。

感想のまとめ


人生初の宝塚がこの公演で本当に良かった。今の私が宝塚に夢中になっている原点で、忘れられない素晴らしい思い出。

  • 凱旋門
    しんみりとする演目で、この公演を見られて本当に良かった。大人の包容力と復讐に行き急ぐラヴィックを演じる轟さん、ラヴィックとアンリの愛を受けて輝くまるで月のようなジョアンを演じる真彩さん、素晴らしい歌声で劇の要所を支配する望海さん、短いシーンながらケートの生き様とラヴィックとの関係を完璧に見せてくれた沙月さんが本当に素晴らしかった。
    ラヴィックとジョアンが最後に演じるシーンが一押し。

  • Gato Bonite!!
    凱旋門の空気を吹き飛ばす、華やかで情熱的なショー。圧倒的な歌と踊りで、元気をもらえる演目。私が彩風さん贔屓になったきっかけの演目。素敵な歌声と情熱的なダンスが素敵な望海さん、凱旋門から一転してまるで太陽のように輝く真彩さん、凄まじい格好良さと色気、素敵な笑顔を誇る彩風さん、見返せば見返すほど好きになる彩凪さん、凱旋門とはだいぶ印象の変わる朝美さんが特に素敵。
    エキゾチックナイトのシーンの格好良さと色気あふれる彩風さんが一押し。

観劇日


2018/06/15 (宝塚大劇場)
記念すべき人生初の宝塚は予習ゼロで観劇。

以下ネタバレ注意

“凱旋門 / Gato Bonite!! (雪組) 感想
―人生初の宝塚―” の
続きを読む