1789―バスティーユの恋人たち―
―星組の充実ぶりが凄まじい―

概要


1789―バスティーユの恋人たち―はドーヴ・アチアとアルベール・コーエンによるミュージカル作品で、小池修一郎先生の演出・脚本。フランス革命直前のパリを舞台とした作品で、革命側と宮廷側との視点を織り交ぜながら描いた公演。

感想のまとめ


歌を楽しみたいなら必見の公演で、どの歌唱シーンも素晴らしかった。群像劇として楽しめる作品で、史実を覚えていても、あるいは忘れていても楽しめる作品に感じられた。舞台の上下・客席を利用した演出も効果的で、特に客席を利用した演出が印象的だった。
普通の一市民が革命に投じていく姿を自然に演じた礼さんのロナン、妖しく不敵で傲慢な姿で存在感を見せつけた瀬央さんのアルトワ、有終の美を飾るに相応しい有沙さんのマリー・アントワネット、抜群のカリスマ性と随所で見せる鋭い目つきが印象的な極美さんのロベスピエール、よく見ていると理知的な姿が見えてくる天華さんのダントンが特にお気に入り。

以下ネタバレ注意

感想


【全般】

  • 歌が素晴らしい
    礼さんや瀬央さん、暁さん、天華さん、有沙さん、小桜さんと抜群の歌唱力を誇る面々に加え、舞空さんと極美さんもきっちりと仕上げている。コーラスも大迫力で、歌を楽しみたいならば必見の公演。

  • 星組の充実ぶりを象徴する作品
    改めて星組の充実ぶりを目の当たりにした作品だった。歌も演技も抜群の安定感で、間違いなく礼さん・舞空さんのコンビ体制を代表する作品の一角となるだろう。この公演で瀬央さんが専科へ組替え、有沙さんが退団となることもあり、新たな体制へと移行する前の思い出として最高の作品だった。

  • 貴族と平民との二陣営が描かれた群像劇
    貴族側と平民側との両面から描かれているので、群像劇として楽しむことができる。ロナン・ソレーヌとデムーラン・ロベスピエール・ダントンとの対比によって第三身分内での違いも描きつつ、オランプを交えながら宮廷内の様子も描かれているので、全容を把握しやすい作品になっている。

  • 史実を覚えていても、忘れていても楽しめる作品
    群像劇として丁寧に描かれているので、フランス革命の内容を忘れていても楽しめる作品になっている。一方でバスティーユ襲撃後のフランス人権宣言までを描いた作品なので、史実を覚えているとその後の結末に思いを馳せる事ができる。

  • 切り抜き方が絶妙
    フランス革命の序盤で結末を迎えるが、絶妙な範囲を切り抜いている。これにより粛清による昏い未来ではなく、平等を掲げた明るい未来を思わせる結末となっている。フランス人権宣言の対象が狭い点が巧みにぼかされている。本来は女権宣言まで含んだほうが良いかもしれないが、時系列が飛ぶことによる混乱を避けたのだろう。

  • 舞台を巧みに活かした演出
    舞台の上下・奥行きを活かした演出が見事。身分の違いを舞台の上下方向で強調する演出も良かったが、客席から市民が飛び出していく演出が秀逸。観客側の視点から革命が進んでいくかのような演出で、特に印象的だった。

【個別】

  • ロナン (礼さん)
    いつもながら歌も演技も素晴らしかったが、今作は特に演技が素晴らしかった。特別ではない一人の青年が、一市民として革命に身を投じていく流れがとても自然で印象的だった。架空の人物なので歴史への影響は大きくないが、特別ではないからこそ悩み苦しみ、その中で自分の答えを見つけていく生き様は見事な主役ぶりだった。どこまでも伸びていく柔らかくも力強い歌声も素晴らしく、どの楽曲も非常に良かった。

  • オランプ (舞空さん)
    個人的には姫系の役者だと思うが、ブレない信念を持った姿が印象的で素敵だった。マリー・アントワネットとの会話シーンが印象的で、王妃の前でもブレない姿にオランプという人間の信念を感じた。

  • アルトワ (瀬央さん)
    振り返ってみると俗物で小者だが、それを全く感じさせない貫禄が見事だった。不敵で傲慢な態度が印象的で、妖しい色気がとても素敵だった。特にルイ16世を唆すシーンでの、国王のプライドを揺さぶるような声色がとても良かった。歌唱シーンも素晴らしく、妖しさと悪役ぶりを全面に押し出した活躍ぶりがとても素晴らしかった。良い人から悪役まで変幻自在なので、今後の専科としての出演がとても楽しみになる公演だった。

  • デムーラン (暁さん)
    歌・ダンス・演技どれも素敵で安定感があった。ロベスピエールやダントンと比べてアクがないからこその、親しみやすいリーダー像を感じた。歌声の力強さが特に素晴らしく、今回の革命家トリオだと中心人物がデムーランなのも納得の貫禄だった。

  • ロベスピエール (極美さん)
    登場時から目を引く華のある立ち姿を活かしたカリスマ性溢れるロベスピエールで素敵だった。歌がとても上手くなっていて、特に序盤のロナンとデムーランと歌うシーンでの堂々たる姿が素晴らしかった。随所で見せる、鋭い目つきで佇む姿も印象的で、後の恐怖政治を予感させる孤高さが見え隠れする役作りも素敵だった。

  • ダントン (天華さん)
    革命家トリオの明るいムードメーカー。基本的には熱い男で軽いタイプだが、随所に見られる理知的な姿がとても格好良くて素敵だった。さり気なく周囲を俯瞰している姿や、ショックを受けてもすぐに表情を切り替えて周りを鼓舞する姿などを見ていると、周囲の期待を理解してそれに応えているような人物像が見えてきて面白かった。ダンスも格好良く、腰の落とし方やリズムの取り方が力強くて印象的。

  • マリー・アントワネット (有沙さん)
    退団公演として、有終の美を飾るに相応しい素晴らしさだった。歌唱シーンも素晴らしかったが、特に第二幕が素晴らしかった。フランス王妃としての覚悟を決めた後の毅然とした態度が印象的で、第一幕との対比も相まってとても美しかった。

  • ペイロール (輝月さん)
    憎まれ役ぶりが見事だった。貫禄ある立ち姿やロナンをいたぶる時の自然かつ慣れた動作、軍を指揮する時の毅然たる態度と大物ぶりを見事に発揮していた。特に殴る蹴るといった動作がとても自然で巧みの技だった。

  • ネッケル (輝咲さん)
    星組公演で格好良い人がいる!と見ると輝咲さんのパターンが多いので、個人的に好きなのかもしれない。よく通る声と理性的な格好良さが印象的。客観的な事実をもとにルイ16世へ譲歩を迫る諭し方が印象的で、王権神授説と感情で揺さぶるアルトワと好対照になっていて良かった。

  • ルイ16世 (ひろ香さん)
    常に優雅で柔らかい物腰と、国難を前に悩みつつも最適解を出せない苦難ぶりの見せ方が素敵だった。アルトワとネッケルとの会話で揺れ動く表情が印象的で、三人の掛け合いがとても素敵だった。

  • ソレーヌ (小桜さん)
    歌唱シーンで娘役らしくないタイプの力強い歌を見事に歌っていて、癖のある役を見事に演じていた。娼婦に身をやつしても染まり切っていないような演じ方だったからこそ、現状に苦悩している歌唱シーンが印象的だった。

  • ラマール (碧海さん)
    箸休め的なコメディリリーフぶりが巧みで良かった。役職の中で最大限オランプをかばう態度が印象的で、アルトワたちが立ち回りを繰り広げるシーンでも目立たないようにしながらオランプを助けようとするシーンが絶妙な塩梅で面白かった。

VERDAD!!―礼さんの変幻自在な歌唱力―

概要


VERDAD!! は藤井大介先生による作・演出のコンサート公演。第一幕は星組による宝塚公演作品を中心に、第二幕はJ-popや宝塚以外でのミュージカル作品などを盛り込んだ構成になっている。

感想のまとめ


トップスターの公演を芝居ではなくコンサートに割り当てる、それだけの価値があるコンサート。古典的で力強い男役の曲や抜け感あるJ-pop、高音が綺麗に響く女性キーと礼さんの変幻自在な歌唱力が活かされたコンサートだった。抜け感ある歌い方 “も” 得意としている礼さんだからこそ、J-popがとても自然で素晴らしかった。
小芝居が蛇足なのと宝塚の楽曲は公演で見たくなるのが玉に瑕。

以下ネタバレ注意

“VERDAD!!―礼さんの変幻自在な歌唱力―” の続きを読む

ディミトリ/JAGUAR BEAT ―二本立てでの傑作芝居―

概要


「ディミトリ~曙光に散る、紫の花~」は並木陽先生による「斜陽の国のルスダン」を原作とした作品で、生田大和先生による脚本・演出。13世紀頃のジョージア (グルジア王国) を舞台とした作品で、存続の危機を迎えつつあるジョージアの女王ルスダンとその夫ディミトリを中心とした物語。
「JAGUAR BEAT」は齋藤吉正先生による脚本・演出のショー作品。その名の通りジャガーをモチーフにしたショー作品。

感想のまとめ


ディミトリは全てにおいて非の打ち所がない傑作。主要メンバーが誇る抜群の歌唱力、独特のステップが印象的なジョージアダンス、登場人物の行動原理が丁寧に描かれている脚本といずれも素晴らしかった。終盤でのディミトリ、ジャラルッディーン、ナサウィーの三者三様な掛け合いが特に素晴らしかった。ハマり役揃いだが、礼さんのディミトリ、瀬央さんのジャラルッディーン、天華さんのナサウィー、輝咲さんのチンギス・ハンが特に素晴らしかった。
JAGUAR BEATはスクリーンや電飾を多用したギラギラとしたショー作品。視覚的な派手さと予想できない展開が続く作品で、びっくり箱のように楽しめるか、とっ散らかった作品に感じるかが分かれる作品。

以下ネタバレ注意

“ディミトリ/JAGUAR BEAT ―二本立てでの傑作芝居―” の続きを読む

めぐり会いは再び next generation / Gran Cantante 感想 ―宝塚屈指の歌唱力と切れ味抜群のダンスを堪能できる作品―

概要


めぐり会いは再び next generationは小柳奈穂子先生の脚本・演出による作品。フランスの劇作家マリヴォーの「愛と偶然との戯れ」をモチーフにした作品の三作目で、過去作から10年後の王国を描いた作品。
Gran Cantante!!は藤井大介先生の演出による作品で、スペインをモチーフにしたレビュー作品。

感想のまとめ


めぐり会いは再び next generationはライトなラブコメ作品で、当て書きならではの餞別が光る作品。歌唱力に優れたメンバーが多く、歌唱シーンが素晴らしい作品。
Gran Cantante!は歌もダンスもハイレベルなショーで、礼さんや美穂さんの凄まじい歌唱力や星組でしか味わえないキレの良いダンスが特長。テンポの良い作品で、礼さんの変幻自在な歌唱や美穂さんの圧巻の歌唱力、舞空さんの格好良いダンスなどが光る作品。
お気に入りはゴスペル風な曲からJPOP風な歌い方まで変幻自在な歌唱力と切れ味抜群なダンスが素晴らしい礼さん、力強く綺麗な歌声で作品のクオリティを跳ね上げる美穂さん、芝居の声のまま綺麗に歌い上げ小芝居も面白くて目を離せない天華さん、芝居に殺陣に歌にダンスとすべての領域が巧みでメンバーを引っ張っていく綺城さん、抜群のビジュアルで視線を釘付けにしてくる極美さん、低音の響きが素晴らしい輝咲さん、芝居も歌も本当に器用で素敵だった音波さん。

以下ネタバレ注意

“めぐり会いは再び next generation / Gran Cantante 感想 ―宝塚屈指の歌唱力と切れ味抜群のダンスを堪能できる作品―” の続きを読む

王家に捧ぐ歌 (2022年星組) 感想
―圧倒的な歌唱力が素晴らしい―

概要


ヴェルディのアイーダをモチーフとした作品で、木村信司先生による脚本・演出。エジプトの将軍ラダメスと、エジプトの捕虜となったエチオピア王女アイーダの悲恋を描いた物語。星組・宙組で上演されている公演の再演である。

感想のまとめ


ライブ配信での視聴。
圧倒的な歌唱力と演技力が際立っていて、歌を浴びるタイプの作品。わかりやすい対立軸と抜群の歌唱力で謳われる、愛と平和というテーマが際立っている。舞台機構や衣装は簡素で、良く言えば歌や演技に集中しやすい公演。
歌と演技が際立っている礼さんのラダメスと有沙さんのアムネリス、セリフがなくても気持ちが伝わってくる天華さんのケペル、アイーダの悪印象を抑えてヒロインに仕上げた舞空さんがお気に入り。

以下ネタバレ注意

“王家に捧ぐ歌 (2022年星組) 感想
―圧倒的な歌唱力が素晴らしい―” の
続きを読む