パパ・アイ・ラブ・ユー (専科) 感想
―笑いに溢れた芝居と優雅で格好良いショー―

概要


原作はイギリスの作家レイ・クーニーの”It runs in the family”。専科の轟さん主演で、専科と宙組による公演。脚本・演出は石田昌也先生。
自身の将来が決まる重大なスピーチを目前に控えた医師デーヴィッド・モーティマーのもとに、かつての恋人ジェーンが現れる。彼女の口から隠し子の存在を知らされたデーヴィッドは事態を隠そうと嘘を重ねていくが、そのせいで大騒動になっていくコメディ作品。

 

感想のまとめ


最初から最後まで笑いに溢れた素敵な公演。決して下品にならないのはさすが宝塚。皆さんお芝居上手で決してバタバタ喜劇にならず、しっかりと見どころを見せてくれるところがまた素敵。
どうしようもなく情けないデーヴィッドを演じる轟さん、凄まじい風貌だけれどいい子だとすぐに分かる演技と目が素敵なレズリーを演じる留依さん、コミカルな演技の中でも誠実さがにじみ出ているヒューバート (悠真さん) が特に素敵。
ショーでは一転して優雅で軽やかなダンスと素敵な歌声を披露する轟さん、幕が下りるまでレズリーを忘れない留依さんが凄く素敵。

観劇日


2019/2/10 (宝塚バウホール)
初の宝塚バウホール公演も轟さん主演。

以下ネタバレ注意 “パパ・アイ・ラブ・ユー (専科) 感想
―笑いに溢れた芝居と優雅で格好良いショー―” の
続きを読む

20世紀号に乗って (雪組) 感想
―喧しさが愛おしい公演―

概要


原作はブロードウェイの公演。潤色・演出は原田諒先生。
舞台演出家兼プロデューサーのオスカー・ジャフィーは失敗続きで破産してしまう。再起をかけて、かつての恋人であるオスカー女優リリー・ガーランドを出演させるために豪華客室列車「特急20世紀号」に乗り込む。しかしリリーは新たな恋人ブルースと乗車していて取り付く島もない。20世紀号がニューヨークに到着するまでに、オスカーはリリーを説得できるのか、というコメディ・ミュージカル。
望海さん体制の雪組で行われた、念願の明るい演目。

 

感想のまとめ


笑いが溢れる雪組公演!誰も彼もが喧しいけれど、その喧しさが癖になるし素敵。あちこちで広げられるコミカルな演技がすごく良くて、オペラグラスなしでも目が足りなくなる。タップダンスも格好良くて、特に最後のタップダンスはいつまでも見ていたくなる。
要所は雪組らしく聞き惚れるような歌でびしっと抑えてくる。一歩間違えばただのドタバタ喜劇だが、あちこちでお芝居を繰り広げながらも要所要所を歌でビシッと決めてくるのはさすが雪組。
皆凄い中で、一挙一動で笑いを巻き起こしていた存在が喧しいブルースと、絶妙な演技が光るドクター・ジョンソンが一押しの二人。

観劇日


2019/3/22, 2019/3/23 (東急シアターオーブ)
記念すべき初のオーブは雪組公演。 

以下ネタバレ注意 “20世紀号に乗って (雪組) 感想
―喧しさが愛おしい公演―” の
続きを読む

古色迷宮輪舞曲 感想
―シナリオとギミックが完璧なノベルゲーム―

概要


紅茶専門店「童話の森」でアルバイトをすることになった名波 行人 (ななみゆきと) 。アルバイト初日に店へ届いた不審な木箱を開けると、メルヘンな服に身を包んだサキという少女が現れる。サキは行人に、運命の輪が狂っていると告げる。運命の輪が狂ったままだと行人は一週間後に死ぬことになり、周囲の人物にも不幸が訪れるという。行人は半信半疑ながらも、運命の輪をもとに戻そうと奔走する。
Yatagarasuの18禁ノベルゲームで、ジャンルは「運命操作アドベンチャー」。プレイヤーが適した場面でキーワードを投げかけることで、物語を変化させていく独特のシステムが特徴。

感想のまとめ


ノベルゲーでしか出来ないギミックを活かした、非常に高い完成度のシナリオが素晴らしい作品。いくつもの結末を見た後にたどり着くGood Endは非常に感動的。ギミックをうまく使って描かれたテーマの描き方も完璧。 エロゲでこれほど素晴らしい作品に出会う機会はもうないかもしれないが、この作品に出会えて本当に良かったと思える。

良かった点


【シナリオ・システム】

  • ゲームシステム、フローチャート、シナリオの融合
    キーワードによって物語が変化し、点と点を結ぶように全容が明らかになる物語。ノベルゲーにしかできない、物語のIFを何パターンも体験できるシステムがとても良い。何パターンもの物語を見て、物語を理解していく作りが素晴らしい。

  • Good Endの素晴らしさ
    物語を読み進め、運命を操作してたどり着くGood End。それまでの物語の重さもあり、このゲームをプレイすることが出来て良かったと感動した。

  • テーマに対する答えが心に響く
    狂った運命の輪を戻すために、キーワードを投げかけて運命を変えていく。この「狂った運命の輪を戻す」というテーマに対して、最後に得られた答えが本当に素晴らしい。

  • 予想を遥かに超えていく物語
    キーワードによって物語を変化させていくことで、物語は予想と異なる方向へ変化してく。予想もしなかった展開へ進んでしまう物語を前に、この先どうなってしまうのだろうか、と思いながら読み進める感覚がとても良い。

  • 随所に張り巡らされた伏線
    何気ない日常シーンにも伏線が多く存在する。気づかなくても楽しめるし、気づけば後でそういうことかと納得する。日常シーンも飽きさせない良いシナリオ。

  • 作品の雰囲気
    狂った運命の輪を戻すというテーマなので、死の香りがそこはかとなく漂う。文章、音楽の両方で作られるこの独特の雰囲気が非常に良い。

  • 各章のタイトル
    フローをよく見ることになるため、各章のタイトルを見直すことが多い。ふと見たときにクスッと笑えるタイトルやなるほどと思うようなタイトルが多く、タイトル情報も楽しめる。

  • 紅茶の豆知識が豊富
    紅茶専門店を舞台にしているので、紅茶の入れ方など豆知識が豊富。プレイしていると紅茶を飲みたくなる作品。

【キャラクター】

  • 魅力的なキャラクター
    読み進めていく中キャラクターの魅力がどんどん増してくる。クリアする頃には幸せになってほしいと思える良いキャラクターたちだと思う。

  • 可愛い店長
    童話の森の店長・古宮舞 (まい) が本当に可愛い。重いシナリオの中で、彼女の存在が救いだった。

【絵】

  • 所々で印象的なイラスト
    イラストが売りの作品とは思わないが、所々で印象的でイラストがあるのが良い。サキの服のデザインや、ゾッとするシーンのイラストが特に好き。

【音楽】

  • 聞き心地の良い音楽
    落ち着いているけれどどこか寂しい音楽が多く、聞いていて心地よい。何回も耳にする音楽も多いが、物語の雰囲気と凄く合っていると思う。

人を選ぶ点


【シナリオ・システム】

  • キーワードがわかりにくい
    キーワードは名詞の割合が高く、ピンとこないものも多かった。キーワードをぼかした例だと、パスタを食べる場面で「パスタ」を選ぶ必要があり、「食べる」がキーワードにないことがある。難しくはないが、若干のやりにくさを感じる。

  • ノベルゲームに慣れていないと大変かも
    システムが独特なので、ノベルゲームというシステム自体に慣れていないと二重の苦しみを背負うリスクがある。何作かノベルゲーをプレイした後がオススメ。

  • 独自性や目新しさを重視する人とは相性が悪いかも
    最大の強みはシステム・シナリオ全体の完成度なので、システムの独自性や目新しさを重視する人とは相性が悪いかもしれない。他でも存在するシステムもあるようだが、それらをうまく昇華させたのがこの作品の売りだと思う。

【キャラクター】

  • 共感することが難しそうなキャラクター
    これは好みの問題。私は共感できることを重視せず、理解できるかが重要というスタンス。ただキャラクターに共感してなんぼという人とは相性が悪いと思う。良くも悪くも極端な思考のキャラクターが多く、どれだけ心情を描写されても理解はできても共感はできないかもしれない。

【絵】

  • 絵が不安定
    複数担当なのか絵がかなり不安定。絵が命という人にはネックかも知れない。

以下はネタバレを含むので注意 “古色迷宮輪舞曲 感想
―シナリオとギミックが完璧なノベルゲーム―” の
続きを読む

しろのせかい last winter 感想
―幸せな終末を迎えるまで―

概要


世界が滅ぶまでに残された、最後の一週間を過ごす少年少女の物語。
かつて一部でカルト的な人気を誇ったフリーの同人BLゲームサイト
「Nightmare Syndrome」 (以下NS) 様の作品。パクリ問題で閉鎖したサイトで、本作の元ネタは「終末の過ごし方」。NSさんの初期~中期らしく、とてもスッキリとした気分で終えることのできる作品。

感想のまとめ


NSさんの中でもトップ5に入るぐらい好きな作品。全員が満足行く終末を迎えたGood Endは何度見ても愛おしくなるぐらい好き。逆に全員が上手く行かずにやるせなさだけが残るBad Endがあるからこそ、Good Endが映える。
今しかない少年少女たちだからこそ、思いが刺さる。NS作品特有の、キャラの生き方や考え方が本当に刺さる良い作品。
まだプレイできる人はぜひもう一度プレイして、集合写真を見直して欲しい。

以下ネタバレ注意

“しろのせかい last winter 感想
―幸せな終末を迎えるまで―” の
続きを読む

凱旋門 / Gato Bonite!! (雪組) 感想
―人生初の宝塚―

概要


原作はレマルクの同名小説。脚本は柴田侑宏先生、演出は謝珠栄先生。2000年に主演した轟さんが再び主演を演じた公演。雪組メンバーとともに行われた公演。
【凱旋門】
第二次大戦中のパリを舞台に、亡命者 (不法入国者) の医師ラヴィックと女優ジョアンとの恋愛、かつての恋人をナチスのゲシュタポに奪われたラヴィックの復讐、そして戦争の影が忍び寄ってくるパリを描いた物語。
【Gato Bonito!!】
猫をモチーフにした、ラテン系を思わせるショー。

感想のまとめ


人生初の宝塚がこの公演で本当に良かった。今の私が宝塚に夢中になっている原点で、忘れられない素晴らしい思い出。

  • 凱旋門
    しんみりとする演目で、この公演を見られて本当に良かった。大人の包容力と復讐に行き急ぐラヴィックを演じる轟さん、ラヴィックとアンリの愛を受けて輝くまるで月のようなジョアンを演じる真彩さん、素晴らしい歌声で劇の要所を支配する望海さん、短いシーンながらケートの生き様とラヴィックとの関係を完璧に見せてくれた沙月さんが本当に素晴らしかった。
    ラヴィックとジョアンが最後に演じるシーンが一押し。

  • Gato Bonite!!
    凱旋門の空気を吹き飛ばす、華やかで情熱的なショー。圧倒的な歌と踊りで、元気をもらえる演目。私が彩風さん贔屓になったきっかけの演目。素敵な歌声と情熱的なダンスが素敵な望海さん、凱旋門から一転してまるで太陽のように輝く真彩さん、凄まじい格好良さと色気、素敵な笑顔を誇る彩風さん、見返せば見返すほど好きになる彩凪さん、凱旋門とはだいぶ印象の変わる朝美さんが特に素敵。
    エキゾチックナイトのシーンの格好良さと色気あふれる彩風さんが一押し。

観劇日


2018/06/15 (宝塚大劇場)
記念すべき人生初の宝塚は予習ゼロで観劇。

以下ネタバレ注意

“凱旋門 / Gato Bonite!! (雪組) 感想
―人生初の宝塚―” の
続きを読む

花帰葬 (PC版) 感想
―全ての結末が美しい最高のノベルゲーム―

概要


人が人を殺しすぎると「玄冬 (くろと)」が生まれ、世界は雪に覆われて滅んでしまう。滅びを回避して再び春を迎えるために、救世主が玄冬を倒さなければならない。そんなおとぎ話が伝わる世界を舞台に、記憶をなくした青年・玄冬と旅の同行者を名乗る少年・花白 (はなしろ) を中心に描かれる物語。
HaccaWorksの初作品でPC版に始まりPS2、PSP (PlayStation Store) へ移植された人気作品。PC版はWindows10でも動作可能 (2018年12月確認)。

感想のまとめ


一つの世界をこれほどまでに描いてくれる作品に出会うことはもうないと思える、私にとっての最高傑作。世界観・キャラの心情を完璧に描ききったシナリオ、すべての結末で完成度が凄まじいEnd、世界観とキャラを余すところなく描いたからこそ感動できるGood End、完璧なBGMを誇る傑作。

作品との出会い


Vectorゲームで乙女ゲーを探しているときに見つけた体験版 (リンク) に一目惚れ。PS2、PC、Plus Disc、ドラマCDにのめり込んで早幾年。
10年以上経った今でも、私にとっての最高傑作。

良かった点


【シナリオ・システム】

  • 繊細かつ完成された世界観・シナリオ
    人が人を殺しすぎると「玄冬」が生まれ、世界は滅びてしまう。
    それを回避するためには、救世主が玄冬を倒さなければならない。
    このテーマで描かれる物語は繊細で、いつまでも浸りたくなる世界観。
    この世界観で、物語を完璧に描ききってくれたことに感謝したくなる。

  • テーマに対する答えが素晴らしい
    上でも書いたテーマの描き方は完璧としか言いようがない。
    全14種もの結末はどれも美しい終わり方で、すべてがテーマに対して違った答えを見せてくれる。作品のテーマを真摯にそして美しく描いてくれるシナリオが本当に素晴らしい。

  • 全てのEndにおける完成度の高さ
    全てのEndが刺さり得る、凄まじいとしか言えないEndの完成度。
    全14種のEndがあり、この世界観を心ゆくまで堪能できる。
    最初に見たBAD系のEndは、あまりの完成度にTRUEかと思ったほど。
    プレイすればGood End以外にも心に残るEndが多数あるはず。
    お気に入りは後述のED1、4、6、7、10。

  • ちょうどよい長さのシナリオ
    スキップなしでも2~3時間程度で各Endに到達できるボリューム。
    あのEnd見たいな、と思ったときに再プレイしやすいボリューム。
    各ルートのボリュームが少ないからといって、決して薄くはない。
    各Endを使って世界観を描いたからこその、ボリューム以上の満足感。
  • 会話文だけで描かれる物語
    地の文を使わないで会話だけで進む、戯曲のようなスタイル。
    キャラの心情を追いやすく、世界観にのめり込みやすい。
    地の文はないが、会話や背景から情景は補完できるので安心。

【キャラクター】

  • 登場人物の心情描写が秀逸
    登場人物を絞ったことで、キャラの心情を完璧に描いてくれている。
    堂々巡りも多いが、それが心情描写に一役買っている。
    全てのEndで完成度が高いこともあり、プレイしていく中でキャラの心情を理解していき、全Endを通じて彼らの生き方に感動する。そして彼らの想いを知った上で再プレイすると、前より深く感動することができる。

【音楽】

  • 見ただけで買いたくなるOP
    今見ると技術的に凄くはないが、歌と完璧に調和したOPは凄まじい。
    プレイしなくても一見の価値あり。

【絵】

  • 終わる頃には癖になる絵
    上手くはないが、終わる頃にはこの絵じゃないと駄目だ、思える絵。
    繊細な世界観とものすごく調和した絵だと思う。

その他好きなシーンやキャラクター、テーマの描き方について語り出すと止まれないので、また別の機会に。

人を選ぶ点


特徴の裏返しとも言えるが、人を選ぶ作品ではあると思う。

【シナリオ・システム】

  • 重いシナリオ
    テーマがテーマなので、シナリオが重い。
    明るくみんなで大団円を望む人とは相性が悪い。

【絵】

  • 癖の強い絵
    作風とは合っているが、「絵こそ命」という人とも相性が悪いかも。

以下各Endの感想。ネタバレ注意。

“花帰葬 (PC版) 感想
―全ての結末が美しい最高のノベルゲーム―” の
続きを読む

About this blog

当ブログについて


過去・最近見たものについて、感想を書き綴るブログ。
趣味 (小説、宝塚、漫画、ノベルゲーム) を中心に扱う予定。
ネタバレを含みますので、ご注意下さい。

取扱予定のジャンル


  • 小説
    好きな作家: ヘッセ、シェイクスピア、夢野久作、三島由紀夫
    好きな作風: 綺麗な文章や情景、古典文学、幻想小説

  • ノベルゲーム
    好きな作品: 花帰葬、神無ノ鳥、古色迷宮輪舞曲、素晴らしき日々、
                     Nightmare Syndrome作品など
    好きな作風: マルチエンディングやギミックを活かした作品、
            文章や世界観が美しい作品

  • 漫画
    好きな作家: 高河ゆん、一ノ瀬綾子、あき、宝井理人
    好きなジャンルや作風: BL、綺麗な絵、印象的なシーンのある作品

  • 宝塚
    メイン: 雪組
    贔屓: 彩風咲奈さん
    気になる役者:
      雪組: 久城あすさん、諏訪さきさん
      月組: 光月るうさん、風間柚乃さん
      星組: 礼真琴さん、極美慎さん
      宙組: 潤花さん、留依蒔世さん
      専科: 美穂圭子さん
    思い入れのあるOG:
      轟悠さん、彩凪翔さん、望海風斗さん、珠城りょうさん
    好きな作品
      ファントム (雪組)凱旋門 (2018年版)チェ・ゲバラ
    各組の初観劇リスト:
      雪組: 2018/6 凱旋門
      月組: 2019/4 夢現無双
      星組: 2019/5 アルジェの男
      宙組: 2019/12 El Japón
      花組: 2021/4 アウグストゥス-尊厳ある者-

自己紹介


Name: 酢酸Na
職業: 関東在住のエンジニア
経歴: 無機化学分野専攻
    就職後は専攻と異なる分野に従事。2018年、2020年に二度の転職
         初転職を機に観劇した「凱旋門」から、宝塚にのめり込む
    最近のモットーはやらぬ後悔よりやって後悔

Twitter