CITY HUNTER / Fire Fever! 感想
―名前の通り激しいダンスショー―

概要


CITY HUNTER―盗まれたXYZ ― は齋藤吉正先生による脚本・演出による公演。原作は北条司先生によって週刊少年ジャンプで連載されていた漫画作品。1980年代の新宿を舞台に、探偵・暗殺・要人警護などを請け負うスイーパー・冴羽獠を描いたハードボイルド・コメディ。
Fire Fever!は稲葉太地先生による作・演出による作品。

感想のまとめ


CITY HUNTERは原作や当時の東京への深い愛が特長の脚本で、散らかり気味のストーリーや微妙すぎる時事ネタを愛で許せるかで好き嫌いの分かれる作品。ビジュアルや動きの再現度の高さ、詰めに詰めたエピソード、生オケでのGet Wildなどが見せ場。特に限界まで低音で、色気を漂わせながら歌う彩風さんのGet Wildが好きなシーン。
Fire Feverは激しいダンスショーで衣装をバンバン変えながら大人数で踊っていく派手な演目。その中でも彩風さんが終始出ずっぱりで歌って踊ってトップとして引っ張る姿が凄まじい。歌唱シーンも様変わりし、彩風さんと朝美さんの癖のある歌唱、奏乃さんや久城さんの綺麗な歌唱を堪能できる。
徹底して研究されたコミカルな動きやハードボイルドな格好良さに加えて低音での色気を漂わる歌唱が凄い彩風さん、歌・演技・ダンスの全てで万能ぶりと男役を輝かせる技術をいかんなく発揮した朝月さん、堂々たる二番手としてすべてのシーンで安定感のある朝美さん、巨漢の海坊主を見事に再現した縣さん、悪役で見たい要素をすべて見せてくれてFire Fever!での歌唱も素晴らしい久城さんがお気に入り。

以下ネタバレ注意

“CITY HUNTER / Fire Fever! 感想
―名前の通り激しいダンスショー―” の
続きを読む

暁のローマ 感想
―あまり構えずに見るべき作品―

概要


暁のローマは木村信司先生による脚本・演出で、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」を原作としたロックミュージカル。古代ローマのユリウス・カエサル暗殺を描いた作品で、カエサル、ブルータス、アントニウス、カシアスを中心に描かれている。

感想のまとめ


原作の名シーンでもある演説シーンやクライマックスは秀逸。名シーンなどの見せ方が良いので、あまり構えずに美味しいシーンをつまみ食いする形で見るのが良いタイプの作品だろう。
一方で演出はかなり微妙。コメディなのかシリアスなのかわからない演出はなぜ採用されたかがわからない。歴史解釈も微妙で、ローマ史か原作を予習しないと背景を理解できないが、予習をすると歴史解釈に疑問符が浮かんでしまう。
カリスマ性と力強い歌声を見せてくれたカエサルの轟さん、苦悩する姿がとても素敵だったブルータスの瀬奈さん、演説シーンが最高だった霧矢さんがお気に入り。


以下ネタバレ注意

“暁のローマ 感想
―あまり構えずに見るべき作品―” の
続きを読む

ロミオとジュリエット (2012年月組役替わり) 感想
―噛み合っている禁じ手の役替わり―

概要


原作は誰もが知っているシェイクスピアの恋愛悲劇。ジェラール・プレスギュルヴィックによるミュージカル作品を、小池修一郎先生が潤色・演出した公演。宝塚では3回目の公演。
14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台に、対立している家柄のモンタギュー家のロミオとキャピュレット家のジュリエットが恋に落ちるが、運命の悪戯によって悲劇となってしまう物語。原作から変更点もいくつかある公演。

感想のまとめ


ロミオ/ティボルトの両方で見せ方上手で器用な龍さんと完璧なロミオぶりを誇る明日海さんだからこそ実現した、禁じ手のような役替わり。独りになったときに深い孤独を見せる表情や、マーキューシオたちとの決闘のシーンでの見せ方がとても上手な龍さんのティボルト。ジュリエットとの恋に落ちて世界が輝いて見えるようになる変化がとても素敵な明日海さんのロミオ。非常に特殊な役替わりだろうが、どちらも繊細で王道な演技がとても素敵だった。



役替わりの記事は別 (リンク) に記載。

以下ネタバレ注意

“ロミオとジュリエット (2012年月組役替わり) 感想
―噛み合っている禁じ手の役替わり―” の
続きを読む

ヨスガノソラ (アニメ)
―原作とは別物だが傑作―

概要


ヨスガノソラはSphereによるアダルトゲームで、今回はそのアニメ作品について記載する。地上波作品とは思えぬほど過激な性描写で話題となり、耳にした人も多い作品。いざ見てみると性描写だけで語るにはあまりにも勿体ない作品だったので、感想をメモする。

まとめ


数話ごとにルートをまとめ上げる見事な構成力と洋画のような演出が光る作品で、穹ルートでの演出はまさしく芸術。寂寥感を与える田舎の描写とBGMが心地よく、夏に視聴するのにうってつけ。本編のシリアスな雰囲気に合ったOPと挿入歌、ポップなおまけパートにぴったりなEDで楽曲の使い分けも巧み。
過激な性描写を含み、近親相姦を含む点、原作とはあえて逆のアプローチを取っている点など人を選ぶ要素も多分に含まれているが、エロアニメの一言で片付けるにはあまりにも勿体ない作品。

以下ネタバレ注意

“ヨスガノソラ (アニメ)
―原作とは別物だが傑作―” の
続きを読む

fff/シルクロード 感想
―有終の美を飾る最高のショー―

概要


f f f (フォルティッシッシモ) ~歓喜に歌え!~は上田久美子先生の作・演出による作品。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが交響曲第九番を書き上げるまでの物語で、ルートヴィヒと彼の前に現れた謎の女を主軸に、ナポレオンやゲーテなどを交錯させつつ、地上と天界を描く物語。
シルクロード~盗賊と宝石~は生田大和先生の作・演出による作品。シルクロードを舞台に、青いダイヤモンドを手に入れた盗賊が宝石の記憶を巡っていく作品。「天空のエスカフローネ」など多くの作品に楽曲提供をしている菅野よう子さんが楽曲提供したコラボ作品。

 

感想


fffは退団公演としては最高で、作品としては歪みを感じる微妙な作品。退団者に見せ場があり、ベートーヴェンをテーマにして「歓喜の歌」を歌うという完璧なテーマと楽曲選択をした作品。一作品としては視覚効果を巧みに使っているが、テーマを押し出すために登場人物が歪んでしまっていてかなり微妙。自分を含め、望海さん・真彩さん体制の雪組を大好きな人にならお勧めの作品。
シルクロードは有終の美を飾る最高のショー。ダスカのシーン、望海さんが燕尾服で踊るシーンなど観たかったシーンをこれでもかと盛り込んできている。菅野よう子さんによる楽曲も壮大で聞き心地がよく、何度でもいつまでもリピートしたくなる作品。

 

以下ネタバレ注意

“fff/シルクロード 感想
―有終の美を飾る最高のショー―” の
続きを読む

映画 ファウスト (ヤン・シュヴァンクマイエル) 感想
―唯一無二の不気味な雰囲気―

概要


ゲーテの戯曲で有名な「ファウスト伝説」をモチーフにした作品。ファウスト博士が悪魔メフィストフェレスを召喚し、己の魂と引き換えに人智を超えた知識と幸福を得ようとする伝説がベース。主人公の男性が、地図に誘われた先でファウスト博士に扮して、悪魔メフィストフェレスを呼び出すことで物語が始まる。
シュヴァンクマイエル監督による作品で、人形劇や粘土細工、ストップモーションなどの映像技術を駆使して、独特の世界観を構築している。

感想のまとめ


かなり人を選ぶが見ていて面白い作品で、肩の力を抜いて見るより、少し気合を入れて演出などを楽しむタイプの作品かもしれない。
一見ナンセンスだがとてもロジカルに構成された演出、人形劇や粘土細工などを駆使して創り上げられた唯一無二の不気味な雰囲気がとても良かった。
戯曲版とは異なる点が多いことと、食事シーンが美味しくなさそうなことは事前に知っていても良いかもしれない。

 

以下ネタバレ注意

“映画 ファウスト (ヤン・シュヴァンクマイエル) 感想
―唯一無二の不気味な雰囲気―” の
続きを読む

ロミオとジュリエット/シェイクスピア/福田恆存 訳/新潮文庫
―新潮文庫がオススメ―

概要


シェイクスピアの代表作品であり、誰もが結末を知っているであろう恋愛悲劇。
イタリア北部のヴェローナを舞台に、敵対する家に生まれたロミオとジュリエットとが恋に落ち、破滅的な結末を迎える物語。

感想のまとめ


何度読んでも楽しめる不朽の名作。運命に翻弄されていくストーリー、要所で美しい表現と軽妙な台詞回しが特徴的。物語と台詞回しのどちらも素晴らしく、シェイクスピア作品を楽しむのにうってつけの作品。
翻訳は新潮文庫の福田恆存訳が、日本語としての読みやすさとテンポに優れていてオススメ。

 

以下ネタバレ注意 “ロミオとジュリエット/シェイクスピア/福田恆存 訳/新潮文庫
―新潮文庫がオススメ―” の
続きを読む

パルムの僧院/スタンダール/大岡昇平 訳/新潮文庫/感想
―後半が面白い作品―

概要


フランスのスタンダールによる作品で、大岡昇平による翻訳。イタリアのパルム公国を舞台に、貴族の青年ファブリス・デル・ドンゴと周囲の人間たちの生き様を描いた小説。

感想のまとめ


恋愛と政治がファブリスを中心に絡み合っていくので、尻上がりに面白くなる作品。激しい恋愛と宮中の政治は読み進めるほど面白さが増していく。登場人物によって形の違う愛の描き方がとても魅力的。自分の思いに一直線で憎めない魅力のあるファブリス、美貌と知略を駆使して宮中で立ち回るジーナなど、登場人物も魅力的。

感想


  • 尻上がりなストーリー
    序盤はファブリスの冒険譚が中心で、中盤からファブリスとクレリアの恋愛とジーナやモスカ伯爵の宮中政治とが、ファブリスを中心に絡み合って行く。クレリアやジーナ、モスカ伯爵の人生がファブリスを軸に動いていくストーリーは読み応え十分。読めば読むほど物語が面白さが増していき、下巻はあっという間に読み終わる面白さ。

  • 愛の描き方が良い
    登場人物それぞれ愛の形が違っていて、その描き方がとても素敵。
    ファブリスの幸福へひたすら突き進む愛と、クレリアの苦悩の果てにファブリスを選んでしまった愛とはとても情熱的で魅力的。一方ジーナとモスカ伯爵は献身と苦悩が際立っていて、報われて欲しくなる愛。フェランテの見返りを求めない献身的な愛もまた違った魅力があり、愛に満ちた物語かもしれない。

  • 無常を感じる結末
    とても激しい大恋愛や政治の結末は無常であっさり。ファブリスとクレリアの子供は病死、クレリアは自殺、ファブリスはその後一年ほどで死去、ジーナもその半年後に死去。あまりにもあっさりとした文章で物語の幕を閉じるので、物語から一気に現実に戻される感覚。読み終えて現実に立ち返るのに丁度よいのかもしれない。

  • ファブリスの憎めない人物像
    主人公のファブリスが不思議な魅力を持っている。駄目な形で貴族のボンボンぶりを発揮して行く先々で危機に陥るも、周囲の善意によって助けられる。つい助けたくなるのも頷ける人柄が魅力的で、一つのものに一直線に進み続ける姿が好きだった。ただあまりに浅慮なので、好き嫌いが分かれる人物像かもしれない。

  • ジーナがとても魅力的
    この作品で第二の主役であろうジーナがとても魅力的。際立った美貌と知略を駆使して、ファブリスのために立ち回る政治劇がとても面白い。敏腕のモスカ伯爵が味方にいるとはいえ、大公たちを相手に大立ち回りを見せる彼女の見せ場が作中屈指の見どころ。

  • モスカ伯爵の苦難が良い
    比較的常識人のモスカ伯爵も魅力溢れた人物。ジーナへの愛で苦悩してファブリスに嫉妬もするし、宮中の政治はストレスばかり。悩みながらも正しいことをしてきた彼は人間味に満ちた魅力がある。ジーナの愛を手に入れてファブリスとも和解して、彼が報われたのがこの物語の救い。

ドグラ・マグラ (映画版) 感想
―怪作を完璧にまとめ上げた傑作―

概要


夢野久作の奇書「ドグラ・マグラ」を映像化した作品。
主人公は大正時代の九州帝国大学医学部精神病科の収監されている記憶喪失の青年。青年の前に現れた医学部教授の若林博士によると、彼の失われた記憶はある重大な事件の鍵を握っているという。青年は記憶の手がかりを探していくうちに、事件の真相を知ることになっていく。

感想のまとめ


複雑怪奇な原作の雰囲気を保ったまま、これ以上無くわかりやすくまとめ上げている傑作。あの原作をこれほど完璧に表現できるのか、と衝撃を受けるであろう作品。原作で多くの人が挫折したであろうシーンもテンポ良くまとめている。正木博士を始めとしたキャスト陣も完璧。原作を読んだ人にも、原作を断念した人にもおすすめの作品。

以下ネタバレ注意 “ドグラ・マグラ (映画版) 感想
―怪作を完璧にまとめ上げた傑作―” の
続きを読む

シラノ・ド・ベルジュラック (宝塚) 感想
―キャストは良いのに脚本があまりにも―

概要


原作はフランスの劇作家であるロスタンによる戯曲で、大野拓史先生による脚本・演出。
シラノ・ド・ベルジュラックは理学者にして詩人、剣客、音楽家と多才だが、大きすぎる鼻のせいで従妹ロクサーヌへの恋心を隠している。そのロクサーヌは、美男のクリスチャンに想いを寄せていることをシラノに告げる。シラノは二人のために尽くそうとするが、クリスチャンに弁舌の才がないことを知る。ロクサーヌがこのことを知ったら、彼に幻滅してしまう。
その時、シラノはあることを思いつく。弁舌に恵まれたが容姿に恵まれなかったシラノと、容姿に恵まれたが弁舌に恵まれなかったクリスチャン。二人が手を組めば、ロクサーヌへの想いが届くかもしれない。シラノはクリスチャンに、自分の弁舌を使ってロクサーヌへの想いを伝えることを提案する。

感想のまとめ


原作の良さを根こそぎ奪われた脚本を、轟さんと星組さんの演技で成立させている作品。熱演ぶりとカリスマで成り立たせている轟さんのシラノ、終盤の演技と歌が特に素敵な小桜さんのロクサーヌ、表情に感情を乗せる演技が後半で光る瀬央さんのクリスチャン、前半と後半の演じ分けが完璧な天寿さんのギッシュ伯爵が特に凄い。1シーンでも印象に残る紫月さんの侍女や澪乃さんのリイズなど、娘役の層の厚さが印象的。
ネックは脚本・演出で、再演するなら別の先生の手で作り直してほしい。発表された日から楽しみにしていた作品だったので、今まで見てきた中で一番ショックな公演だった。

 

以下ネタバレ注意 “シラノ・ド・ベルジュラック (宝塚) 感想
―キャストは良いのに脚本があまりにも―” の
続きを読む